リンパ痩せコム リンパの基礎知識

リンパ痩せコム > リンパの基礎知識

リンパの基礎知識

スポンサーリンク

リンパとは?

人間の体は、血液、リンパ液、組織液という体液からなる水分が、約60%から70%を占めています。 血液の中には「血漿(けっしょう)」という成分が含まれていますが、この血漿の一部が血管の外にしみ出して「組織液」となり、リンパ管に回収されて「リンパ液」となるしくみとなっています。

リンパ節のフィルターで菌を除去

リンパ管の色は透明で、細い管のようになっています。リンパ液とは、そのリンパ管の中を流れている無色透明の液体のことをいいます。 リンパ管は、体のさまざまな部分に張りめぐらされているので、リンパ液も体じゅうに行き渡っています。
リンパ管が組織液を回収する際に細菌や異物も同時に入ってきますが、リンパ管の通り道にある「リンパ節」がフィルターの役割を果たして最近等を除去してくれます。
そのリンパ節は、全身約800個の箇所にあり、特に密集しているのは、耳の下・わきの下・股関節あたりのそけい部です。
免疫機能があるリンパ節は、菌が体内に侵入してこないようにする働きがありますが、リンパ節は多数あるので、一回ではなく何度も繰り返しチェックを行い、異物や菌が心臓や脳に流れ込まないようにしています。
また、血液中に細菌などが侵入すると、「白血球」がはたらき、菌などを退治するように、組織液に病原菌などが侵入した場合には、リンパ管に回収されるしくみになっており、リンパ液と一緒にリンパ節へ運ばれていきます。そしてリンパ節のフィルターでリンパ液から菌が除去されます。

また、リンパの働きのひとつてして重要なものに「老廃物のろ過」という役割があります。リンパ液に入ってくる成分には、栄養素・細菌のほかにもアンモニア・尿酸・乳酸などの老廃物があり、リンパ液と一緒に体内を循環します。
リンパ液は、循環すると必ずリンパ節を通過するので、リンパ節のフィルターによって老廃物を取り除き、リンパ液はきれいにろ過されます。そしてリンパ液は再び静脈に入って心臓へ戻ります。

体を守る「リンパ球」

しかもリンパ節は、白血球の一種である「リンパ球」、さらに残骸などを片付けてくれる「マクロファージ」もつくっています。リンパ節は、細菌の力が強くなってくると、このリンパ球をたくさん作り出して対抗しようとします。病気のときにリンパ節が腫れあがることがありますが、これはリンパ球が体を守ろうとしているためです。

上記のように、リンパ管・リンパ液・リンパ節・リンパ球などのしくみは、体を細菌などから守り、不要な老廃物を外に排出してくれるので、リンパ液の循環が健康な体作りに非常に重要となってきます。きちんと循環すると、細胞は栄養をたくさん取れ、再生力が高まることによってアンチエイジングが実現されるのです。

スポンサーリンク