リンパ痩せコム 液の流れ

リンパ痩せコム > リンパ液の流れ方

リンパ液の流れ

スポンサーリンク

細いリンパ管と太いリンパ管

リンパ管の太さは場所によって異なります。足先・指先にあるリンパ管は細いリンパで「毛細リンパ管」と呼ばれています。毛細リンパ管は皮膚のすぐ下にあり、内部に向かって流れながら毛細リンパ管同士で合流を繰り返して太くなっていきます。
川の上流と下流のように、流れ始めは細く、リンパ節に向かえば向かうほど太くなります。そして「リンパ本管」というメインのリンパ管にたどり着きます。

流れはじめの細いリンパ管は皮膚のすぐ下にあるので、マッサージや軽い運動をすることによって流れがよくなります。このリンパ管の流れが悪いとむくみにつながります。さらにコリや疲労の原因ともなります。

リンパの流れが良くなることによって新陳代謝も向上し、健康にも美容にも好影響を及ぼします。
浅いリンパのリンパマッサージは強くやりすぎると逆効果になるので、正しい方向にやさしい力で行うようにし、深いリンパをマッサージする場合は、刺激を与えるため手でほどよい圧力をかける必要があります。

リンパ液は鎖骨下に集まる

リンパ液の集まる場所は左右の鎖骨下にある「静脈角」という場所です。

上半身の場合は、右半身なら右の鎖骨下へ、左半身なら左の鎖骨下へとながれるのですが、下半身から流れてきたリンパ液は、すべて左の鎖骨下にある静脈角へと流れ込みます。

下半身の場合は、一度、左右のリンパ液が足の付け根にあたる「そけい部」という同じ場所で合流し、そのリンパ液がすべて左の鎖骨下に運ばれるしくみになっています。

スポンサーリンク