リンパ痩せコム 血液との違い

リンパ痩せコム > リンパ液と血液の役目の違い

リンパ液と血液は役目が違います

スポンサーリンク

循環する血液、一方通行のリンパ液

血液もリンパ液も、体内に管を持ち流れる液であり、最終目的地は心臓です。
血液の場合は心臓まで流れるだけでなく、心臓から動脈を通って毛細血管まで行くと今度は静脈を通って心臓へ戻ってきます。さらにその後…という具合に、人間の体が正常に機能しているかぎり、ずっと循環していますが、リンパ液はまさに「川」のように、心臓という「海」に向かって一方的に流れていきます。

リンパの主な役割は、体中を循環している血液から染み出てくる栄養素を、もう一度血管に戻してやったり、老廃物や異物を血管に入れないようにすることです。見方によってはリンパ液は血液を助けているともいえます。

心臓によって循環している血液

血液もリンパ液も心臓に流れていくのに対して、心臓は血液だけにポンプ機能を提供しています。そのため、リンパ液が流れるためには、自力で流れるしかありません。しかしリンパ管には強力な自力のポンプはなく、貧弱なポンプだけで自発的に流れています。

その流れは非常に遅く、老廃物を運ぶにはとても足りません。しかしリンパ管は、筋肉の伸縮や外からの圧力によって流れが良くなるようになっています。そのため、同じ場所でずっと同じ姿勢でいると足がむくんだりするのです。

リンパ液の流れが良くなると、老廃物は除去され、タンパク質などの必要な栄養素は血液中をいきわたるようになります。
ストレッチやリンパマッサージが美容に効果的といわれるのはそのためです。

スポンサーリンク